2006年12月31日

今年もお世話になりました

今年もお世話になりました。 ほとんど独り言のような内容とはいえ、 誰かが読んでくれている、という思いがあると、 文章を書くときの体験が違ってきます。

読んでくださっている方々、ありがとうございます。 読ませていただいた各ブログ、サイトの皆様、ありがとうございます。 来年もまた、よろしくお願いいたします。

下記は、ふと思いついた、年またぎの時期によさそうなアファメーション。 有名なクーエの一般暗示をちょっとだけもじったもの。

Every Year,
In Every Way,
We Are Getting Better And Better.

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて

2006年12月30日

ソニアとゲット

ソニア・ショケット著「第六感 ひらめきと直感のチャンネルを開く方法」というタイトルの本のことを、最近、いくつかのブログで目にした。なんだか評価がいいようだ。ちょっと気になったけど、この種の本だったら、サネヤ・ローマンの「パーソナル・パワー」があるからいいや、という感じだった。

しばらくして、ふと思い出した。あれ?ちょっと前に古本屋で見かけ、パラッと見た本じゃないか?もしそれだったら、確かに悪くない感じだったと思うけど、500円くらいだったら買うかな、という程度の印象。

しかしそれが、今日になって、どうも気になりだし、その古本屋に行ったほうがいいような気がしてきたので、迷いながらも出かけた。
で、この本は、まだあった!そして店員さんに教えられた、「今日は2冊で1000円です」と。
ちょっとびっくりしつつ片岡慎介著「ツキを呼ぶ魔法の音楽 絶対テンポ116」(CD付き)と、両方合わせて買った。
こっちの本も、以前見つけて、似たような印象を抱いていた本だった。気にはなっていたけど、絶対テンポのCDは一枚持ってるし。
この本もまた、今日まで残っていたのだ!

直感とかツキの本を買いに行くのに、こういうことが起こると、何か感慨深いものがある。
金額的にはごく小さなことだけど、宇宙の大きなサポートを感じられる出来事だ。そして教えてくれた店員さんにも感謝したい。ありがとう。

ちなみに、この間受けた、クンダリーニ・レイキの遠隔ヒーリングの影響もあるのかも、と今ちょっと思った。適応分野的には、どうなのか分からないけど。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | シンクロニシティー

2006年12月29日

遠隔クンダリーニ・レイキ体験報告

昨日受けた遠隔クンダリーニ・レイキの体験報告です。
お初で、当日の申し込みでしたが、快く受け付けてもらえました。
Feel like I do ! 遠隔ヒーリング告知。の綾音さんという方の企画に参加させてもらったもの。

まとめ

  • 事前に緊張感を高めるような儀式をしてしまっていた。むしろ、寝そべって漫画でも読んでるくらいの気分でいた方がよかったかも?
  • 起きた時は、腰の痛みがハッキリと軽くなっていた。
  • ここ数日の妙な筋肉痛もその時は軽くなっていた。
  • エネルギーは、はっきりと分かる体中の熱感として感じた。
また、次回も是非、受けさせて欲しいと思いました。綾音さんありがとうございました。

以下の詳細は、ほんとに個人的なメモ。
事前準備。口をすすぎ、いや、飲んじゃったか。粗塩を軽く体に振り、ちょっと口に含む。
環境は次の通り。照明は普通に点けたまま。ハンカチをアイマスクに。音楽無し。暖房。
開始と終了の時間をタイマーでセットして、仰臥で待った。

経過は以下の通り
腰が痛かったので、そこを中心に、背骨、肋骨を意識する。
「(これから)ヒーリング・エネルギーを受けとります」に加え、「(創始者の)Oleさん、綾音さん、よろしくお願いします」と唱えた。
横になって目を閉じると、急速に体のリラクゼーションが始まるのが分かる。しかしこれは、最近の傾向。
「しっかり受けとって体験報告を書こう!」ということを意識してしまって、どうも力みが取りきれない。
そのままなんとなく、時間が過ぎる。

わりと時間が過ぎた頃、突然PCのファンがうなりを上げ出した。
それにハッとして、気が逸れた。その瞬間、かなりの熱感が体に起こった。なんだか動悸も高く感じられる。
「ここでやっと入ったか」という実感を得た。
その後は、だんだん覚醒水準が落ちていった。

終了の音が鳴ったが、そのままうだうだ。
そして寝てしまったが、深夜に暖房が切れて、寒くなって起きた。その後大掃除。

posted by lohengrin_net | Comment(1) | TrackBack(0) | ヒーリング

2006年12月28日

遠隔クンダリーニ・レイキ

今日はFeel like I do ! 遠隔ヒーリング告知。で、クンダリーニ・レイキの遠隔を受けさせてもらおうと思っている。
前のブログにも書いた、Ole氏が創始した発展系のレイキの一つだ。

先程、申し込みをした。
23時かららしい。
Ole氏のフリーなレイキ・サウンド・アチューンメントは結構刺激的だったけど、これはどんな感じなんだろうか。
楽しみ楽しみ。
その後は、その勢いを借りて、夜中に大掃除・・・

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーリング

2006年12月27日

実在感のイメージ

物体に対して集中する時など、そのものの実在感のようなものを想像力で作り出し、イメージで感じるようにする。
僕の場合は、そのものの質量感、重さ、のようなものを意識すると集中しやすいようだ。
なんとなく、その対象を持ち上げたら感じられるだろうな、という感覚を意識の中で保持する。

結局のところ、見て集中する、ということは視覚という一つの感覚のチャンネルだけで、対象を心の中に保持しようとすることになる。
記憶術などでは、五感をフル活用して覚える、などということが言われる。その方が、記憶対象が心に残り、想起する時にも、手がかりが増えることになるから。これはそのまま、集中力を発揮しようという時に必要なことだ。

でも、なんだか記憶する時は記憶する時、なにか視覚像とかに集中する時は集中する時、というように分けてしまっていた。
妙なもんだ。例えば、六芒星をイメージする時、それに重さのイメージを付加し、そこから音が響いていると仮定し、香りが漂ってくると思っても、自由なはずなのに。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | イメージワーク

Powers of Ten


スピリット成分は好奇心 ~ momoのヘミシンク&モンロー研究所、エサレン研究所探求記〜 Gateway Voyage 5日目午前に書いてある、モンロー研究所で見たビデオというのは、


のことかな?
モンロー研でも見てるんだ!?と思って驚いた。



けっこう興味深いビデオで、シームレスに、地上-深宇宙-人間の体内を見せてくれる。
GH(Going Home)をやる時、もっと広くイメージワーク全般に、ここに出てくるイメージを援用できる。
人体に入り込む部分で言えば、ヒーリングだとかにも。
人体へのマインドの投入のイメージになるから。


posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘミシンク

2006年12月26日

マテリア・タキオン


マテリア・タキオンを買った。
買った商品はジャパンニューエイジセンター ドーナツ Lサイズ (チャクラカラー)
前からちょっと気になっていたんだけど、最近、新商品のネオタキオンというものが出て、マテリア・タキオンは値下げしたらしい。
うーむ、ネオタキオンの写真も魅力的に撮ってある・・・



注文して入金したら、次の日に届いた。
買ったのは1個だけだったけど、かなり厳重な包装がしてあった。



ここでいうタキオンがタキオン - Wikipediaとどんな関係にあるのかはわからない。けど、効果があれば、その辺りはいいかな。
用途としては、バスタブか冷蔵庫。



色は、なんでもいいと思ったけど、無難にグリーン。
タキオン・エネルギーそのものは色とは関係なく、色の要素は単純にカラーセラピー的なもののようだ。
今のところ、眺めたり、身につけたりする予定はないので、これでいいかな。
ただ、写真とか見てると、なんとなくタキオンが色の効果を高めてるような印象もあるけど。



手に持った第一印象は、「ピリピリ」とした電気的な刺激だった。
パープルプレートだと、僕の場合、体に着けた時、ともするとアルミを舐めたような感触が感じられてしまう。
マテリア・タキオンはガラスなので、そういうことはないようだ。



これを、郵送されてきた時に入ってたジッパー付きのナイロン袋に入れて、バスタブに置いておくことにした。
風呂なんかに置いておくと、何かの拍子に割れかねない。マテリア・タキオン製品は割れても効果があるというが、これなら飛び散らないので安心。



冷蔵庫には、以前買った天照のミニプレート(ノーマル)をラップにくるんだものを入れておくことにした。
小さいので、ちょっと頼りなさげだけど、イメージで冷蔵庫全体にエネルギーが行き渡るとしておけば大丈夫だろう。



さて、マクモニグルの番組がもうすぐ始まる!

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | パワーグッズ

2006年12月25日

クリスマス

メリークリスマス!!


信頼すべき情報筋によると、局地的にクリマスマス・イベントが今年中止になったらしい。
だから、昨日のイブは部屋で一人静か。
とは言え、世間的にはクリスマス・ムード一色。
そこで、Hemi-Sync Meditationを聴きながら、その雰囲気に意識を合わせてみる。



不思議なことに、眼を閉じると、いや閉じていなくてもだけど、意識すると、それっぽいイメージと言うか印象が感じられる。
やはりこの時期は、クリスマスというところにエネルギーが集中するので、それに後押しされてイメージが見やすくなるんだろうか?



今日25日は欧米辺りのクリスマスを意識すると、何か感じられるだろうか?

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なメモ

2006年12月23日

冬至の日に


実を言えば、こっちのブログには冬至の日に移る予定だった。
でもその日は早めに寝てしまったのでできなかった。
なんでか。
Hemi-Sync Meditationを聴いていて、そのまま眠り込んでしまったので。



灯を消して仰臥で横になり、イヤホンでCDを聴いた。
心の中で「一陽来復」と、時々唱えながら。
陰が極まって陽が来る。
冬至の儀式の代わりというか、つもりというか。
こういうことでもすると、これから寒さとしては、厳しくなるけど、意識の中には、日が長くなっていく、春に向かっているという印象が、深く刻みこまれる気がする。



CDが終わってうとうとしていると、半分夢の世界に入った。
曖昧なイメージの世界だった。
その中で、「この辺りに城が欲しいな」と考えると、たちまちのうちに白い城が現れた。
ブルース・モーエンがフォーカス27か、フォーカス21での、こういうような体験を書いていた気がする。
意識を合わせる世界は違うけど、主体の方の、催眠深度とういか、イメージ深度と言うか、意識水準というか、は、これくらいのものなんだろうな、と思った。
自律訓練法の、黙想練習とか役に立ちそうだ。



posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘミシンク

一陽来復

新月、冬至の時期をきっかけに、gooブログのヒーリング・ノートからこちらに引っ越しました。
なんとなくスタート。
しばらくこちらにお世話になります。
続けて読んでくださる方、お初の方もよろしくお願いします。
記事の移行は、そのうちドカっと。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて

2006年12月20日

新月@射手座(修正)

23時を過ぎ、射手座の新月に入った。
明日12月20日の23時過ぎに射手座の新月。
新しいことを始めるによい。

新月の祈り、新月の願いについては、
セラピスト瑠花よりLOVEをこめて… 射手座の新月に、スピリチュアルな願いを!
清 蓮 ☆心と身体の癒しへ☆ 新月・・12月20日ですよ!!
珍 ようこよみ - ムロさんの新月のお知らせ 12月20日(水)新月
新月の願いが叶う方法・射手座|不思議☆発見〜サイエンスヒーリングを目指して〜♪
とかを参考にしようかと。
文例などもたくさんあった。

ただ、新月と同時に、深夜1時40分ごろまで、ボイドらしい。
これを避けて、夜更かしするか、さっさと寝て早起きするか。
または、気にせずやるか。

面白いのは、西洋占星術で、現在、太陽、月、水星、火星、木星、冥王星の6つの星が射手座に同居していること。

ここでボイドとなると、自我肥大的な願いをしてしまいそうだ。
あるいはそれを、束縛を外すチャンスと見るか。

やって試すにしくはない。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | 願望実現

月に願うリズム

そう言えば絶対テンポ116は月のテンポだった。
だから新月のアファメーション、新月の祈りなど、このテンポでやると雰囲気が出るかもしれない。
半分の58も含めて。

そのテンポの音楽、それがなければメトロノームでも基本的な作用は変わらないらしい。
てことで、前にも取り上げたソフトウェア・メトロノーム(Windows95/98/Me / 画像&サウンド)などが手軽。

これでtempoを58にして、それに合わせて書いたり、声に出してアファメーションしたり。


"http://blog.goo.ne.jp/lohengrin_net/e/8b733616289a3c170ad0a1e85b414ef3"

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | 願望実現

2006年12月06日

近況

どうにも、前に書いた、シュタイナーの境域の守護霊の文章を読んだ辺りから、GEから離れがちになっていた。
あそこに書かれてることで、色々考え込んだり、寒くて面倒になったりで。
もう、1ヶ月以上になるか?

ここ数日は、ちょっとずつ、ヘミシンクものを聴くようになってきてる。
エクササイズとは呼べない、だらけたやり方なので、聴く、ということに。

一つは寝る時に、メタミュージックの「Super Sleep」を聴いてる。
リラックスして、体が無くなる感覚というのが、ようやく比喩とか誇張でない、ということが分かってきた。

なんだか妄想やら雑念に耽っていても、ある瞬間を境に、ガクッと感覚が変わりだす。
そして、体の密度が薄くなり、次第に境界が曖昧になり、実体としての手足の実感が無くなる。
いままでのリラクゼーションはなんだったのだ、という感じ。
当然そのまま寝るんだけど、起きた時に、意識の断絶感を感じないことが何度か。
「Super Sleep」、強力だ。

他に、OHのフリーフロー、GEのフォーカス12のもの、GHのエクササイズを二つほど、ポツポツとやった。
大体、終わってそのままだらしなく、寝てしまう。
就寝時間じゃないんだけど。

中でもGHの効果を再認識した。
「Moment of Revelation」を聴いて、終わった後に、意識が戻ってもキラキラする光の中にいるような感覚を覚えたこと。
いわゆる入眠時幻覚の一種といってしまえばそれまでだけど。

「Homecoming」、フォーカス27でのフリーフローのエクササイズ。
フォーカス27に入ったんだか、どうだか曖昧な状態のまま、眠り込む。
すると空中浮遊夢。
そして「しまった、10時間以上寝てしまった!!」と思って起きてみると、5時間ほどの睡眠だった。
そして、その間、全く寝返りも打たなかったようだ。
というのは、窓から漏れる光が気になって、目に載せておいたハンカチがそのままだったこと。
ユルユルの状態でつけていた普通のイヤホンが、そのまま付いていたことから。
当然、目が覚めた時は普通にあお向けの姿勢。
フォーカス27から睡眠、というのもありかもしれない。

ちなみに今は、自力で金魚運動、つまり体を適当に30秒ほど揺すって、4・8・8くらいの呼吸法を10回くらいしてからエクササイズ?睡眠?に入っている。
金魚運動は、腰から下だけでも揺すっておくと、ジワーッと効いてきて、普通に寝るときでも、わりといい感じ。

他には、どうも妙な万能感みたいなものを感じている。
別に、スーパーマンだとか、世界征服だとか、そういうんじゃないけど。
フォーカス27とかに入ったり、ヒーリングエネルギーとかを使ったり、ガイドと接触したりするってことは、思ったより、実は簡単なことなんじゃないか、と思い始めた。
今、それが出来てる、ということではなく、実は単に自分で難しくしてるだけというか、ごく簡単なことでブレークスルーするような感じというか、やり出せば、すぐにできるようになっていくのに、その一歩を踏み出さないでいると言うか。
思春期的心性がぶり返してきたんだろうか?
萌えいづる春でもないのに。
はっ!?
クリスマスムードが狂い咲き誘発!!??

このブログに関しては、まともに書くようになってから1年くらいになる。
そろそろ、他のサイトに引っ越そうかとも思ってる。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘミシンク

近況

どうにも、前に書いた、シュタイナーの境域の守護霊の文章を読んだ辺りから、GEから離れがちになっていた。
あそこに書かれてることで、色々考え込んだり、寒くて面倒になったりで。
もう、1ヶ月以上になるか?

ここ数日は、ちょっとずつ、ヘミシンクものを聴くようになってきてる。
エクササイズとは呼べない、だらけたやり方なので、聴く、ということに。

一つは寝る時に、マインドフードの「Super Sleep」を聴いてる。
リラックスして、体が無くなる感覚というのが、ようやく比喩とか誇張でない、ということが分かってきた。

なんだか妄想やら雑念に耽っていても、ある瞬間を境に、ガクッと感覚が変わりだす。
そして、体の密度が薄くなり、次第に境界が曖昧になり、実体としての手足の実感が無くなる。
いままでのリラクゼーションはなんだったのだ、という感じ。
当然そのまま寝るんだけど、起きた時に、意識の断絶感を感じないことが何度か。
「Super Sleep」、強力だ。

他に、OHのフリーフロー、GEのフォーカス12のもの、GHのエクササイズを二つほど、ポツポツとやった。
大体、終わってそのままだらしなく、寝てしまう。
就寝時間じゃないんだけど。

中でもGHの効果を再認識した。
「Moment of Revelation」を聴いて、終わった後に、意識が戻ってもキラキラする光の中にいるような感覚を覚えたこと。
いわゆる入眠時幻覚の一種といってしまえばそれまでだけど。

「Homecoming」、フォーカス27でのフリーフローのエクササイズ。
フォーカス27に入ったんだか、どうだか曖昧な状態のまま、眠り込む。
すると空中浮遊夢。
そして「しまった、10時間以上寝てしまった!!」と思って起きてみると、5時間ほどの睡眠だった。
そして、その間、全く寝返りも打たなかったようだ。
というのは、窓から漏れる光が気になって、目に載せておいたハンカチがそのままだったこと。
ユルユルの状態でつけていた普通のイヤホンが、そのまま付いていたことから。
当然、目が覚めた時は普通にあお向けの姿勢。
フォーカス27から睡眠、というのもありかもしれない。

ちなみに今は、自力で金魚運動、つまり体を適当に30秒ほど揺すって、4・8・8くらいの呼吸法を10回くらいしてからエクササイズ?睡眠?に入っている。
金魚運動は、腰から下だけでも揺すっておくと、ジワーッと効いてきて、普通に寝るときでも、わりといい感じ。

他には、どうも妙な万能感みたいなものを感じている。
別に、スーパーマンだとか、世界征服だとか、そういうんじゃないけど。
フォーカス27とかに入ったり、ヒーリングエネルギーとかを使ったり、ガイドと接触したりするってことは、思ったより、実は簡単なことなんじゃないか、と思い始めた。
今、それが出来てる、ということではなく、実は単に自分で難しくしてるだけというか、ごく簡単なことでブレークスルーするような感じというか、やり出せば、すぐにできるようになっていくのに、その一歩を踏み出さないでいると言うか。
思春期的心性がぶり返してきたんだろうか?
萌えいづる春でもないのに。
はっ!?
クリスマスムードが狂い咲き誘発!!??

このブログに関しては、まともに書くようになってから1年くらいになる。
そろそろ、他のサイトに引っ越そうかとも思ってる。

"http://blog.goo.ne.jp/lohengrin_net/e/482ad507b33e95c626548398279fe83e"

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なメモ

2006年12月05日

シルバー・バイオレット・フレーム

シルバー・バイオレット・フレーム(Silver Violet Flame,SVF)について少し。
ラベンダー・フレームとかを調べている時に、よく目にしたので。

シルバー・バイオレット・フレームは、セント・ジャーメインに関するエネルギーで、オリジンはClaire Timmisという人らしい。
その人がやっているサイトは、まずOne Light One Energy
でも、ここではSVFに関する記述は見つけられなかった。
サイトの基本色はバイオレットっぽいけど。
主な内容は、大天使メタトロンによるamplified healingというヒーリングとチャネリングのメッセージのようだ。
で、そのヒーリングで使われるエネルギーをenergy of the Rainbow Diamondという、のかな?
完全性と、魂に至る秘密の小径の周波数である、というようなことが書いてある。
とにかく、このサイト上は、そのエネルギーで満たされており、さらに、Claire Timmis氏にメールするとamplified healingがフリーで受けられるっぽい。

Spiritual Well-Being, Natural Healing, numerologyが姉妹サイトのようだけど、そこでは主に、ライタリアンのプラクティショナーとして自己紹介してる。

2番目に名前がよく出てくるのは、Stephen Loveringという人のようだ。
その人のサイトは、Zapharel | A series of energetic connections to Seraph Zapharel
ここでもSVFについての記述は見つけられなかった。
タイトル通り、熾天使ザファレルという存在とヒーリングを行っているみたい。
メニューにThe Silver Platinum Ray of Zapharelというのがあって、名前がちょっと似てる、というだけ。

シルバーバイオレットフレーム 伝授と召還 - 光を、できるだけ、たくさん採りこむ。タダだし。 - 楽天ブログ(Blog)という記事が面白い。
これによると、SVFは伝授無しで利用できるらしい。
呼び出す時のアファメーション、マントラも書いてある。
I AM a being of Silver Violet fire, I AM the purity God desires.
伝授を受けた時との違い、その違いを生むものに対するコメントも興味深い。
使ってみようとする時は、この記事を参考にすればいいと思う。

ここの記事をたよりに、さらに検索する。
med12というページに、セント・ジャーメインのチャネルメッセージが載っている。
チャネルはJOHN ARMITAGEという人。
その中に、上記の文言をアファメーションとして使う、ということが書いてある。

ちなみにtape 2は同じ人によるレイキのワークショップの記録。
1996年のもので、そこで既にこのアファメーションが出てくる。
随分と歴史があるんだ、これって。


さあ、明日12月5日 9時25分amは満月だ。


"http://blog.goo.ne.jp/lohengrin_net/e/2d7f590d472667664a993cfcc265e767"

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーリング

2006年12月02日

アバンダンティアについて

アバンダンティア・アバンダンス・レイ(Abundantia Abundance Ray)というアチューンメントがある。 以前書いた合同ヒーリングの時に出てきた女神に関するアチューンメントだ。 気になったので、これについて調べてみた。 考えてみれば、よく知りもしないのに参加していた。 そのメモと、あくまでこのアチューンメントを受けたことがないものの感想。

オリジンは「the Lunar Reiki Center(lunarreiki)」というサイトらしい。今は既に閉鎖されているので、web archiveの中のもの。 女性のために、ということを前面に出している。 アバンダンティアのアチューンメントは、Goddess Rayというカテゴリー、セットの中の一つに当たるようだ。 goddessrays

他にLunar Reikiというもの提供されている。 これで検索すると、「Lunar Reiki」というサイトが出てくる。 そこに第3者が書いたとおぼしき、「the Lunar Reiki Center」に関する記事と、Abundantia Abundance Rayと、Lunar ReikiのマニュアルPDFがある。 また、このサイトから、ドリーン・バーチュー氏が書いた記事へのリンクが貼ってあり、そこでアバンダンティアに関する解説を読むことができた。 コインを使った儀式のようなものも載っていた。 (Lunar Reikiというサイトもある。)

このアチューンメントのオリジンとおぼしき人物は、amy、amybass、amyreikiという名前の人のようだ。 このブログで以前、「ハンズ・オヴ・ジーザス」のオリジンらしきものがあり、その他フリーなアチューンメントの交流サイトとして書いた「Heaven`s Gift」で、何度か目にした名前だった。

amy氏自身は、index2を見る限り、すくなくともこの名前では、既にレイキを教えていないらしい。 今回読み直してみると、上記の交流サイトで、なんらかのトラブルがあったようだ。それも一因なのかもしれない。 僕が名前を覚えていたのは、そのトラブルのせいではなく、彼女が積極的にいろんなアチューンメントを受け取ろうとして、名前がよく出てきたからだ。

このトラブルや、上記のマニュアルのあるサイトの趣旨は、読めばすぐに分かるけど、ぶっちゃけ、amy氏への批判だ。 そして、その一つの批判の証拠としてLuner Reiki Centerのスクリーンショットやマニュアルも置いてある。 かと言って、その批判の全てが妥当なものであるという判断は、僕にはできない。 逆にそれらが捏造ではない、という証拠もない。 というより、全部が妥当であっても、彼女から出たアチューンメントを判断する材料にはしないかな、という感じ。 既に広まっており、効果があるとされているものなので。

Abundantia Abundance Rayは、この英語表記を使い、googleで、検索範囲を「ウェブ全体」として検索しても、圧倒的に日本での記事が多い。 僕もその中で、「効果を確かに体感した」という記事をいくつか読んだ。

さらにこのアチューンメントは、一度受けたら、すぐに他の人にアチューンメントができることになっている。 上記のマニュアルが本物だとして、レイキなどのヒーリング系と違って、ティーチャー(アチューンメントする側)になるのに、特に条件や、細々した技法を習得する必要はないようだ。 とすると、金銭的なことで考えれば、アチューンメントを受けて、同じ金額で一人でもアチューンメントすれば、元が取れる。 これは例えば「アフィリエイトで収入を得る方法」といった情報商材を売ること、使うことに対比すると分かりやすい。 豊かになる方法を売ること自体が、豊かさをもたらす仕組みになっている。 しかもそもそも、アバンダンティア自体の効果、そして豊かさの教えがあるのだ。

お金は本質的に流れるものだという。 この流れを実際に生み出し、そこに豊かさのエネルギーや、教えが加わるのだから、非常に強力、かつ現実的なアチューンメントなのだな、と思った。

もちろん、直接金銭の授受を伴わなくても、交換アチューンメントという方式もある。 アバンダンティアは、古代ローマの通貨に描かれていたという。

サイトの変遷で見るかぎり、amy氏自身の活動は、半年にも満たない。 それが3年を経た現在も存続し、なお拡大中なのだ。 これは、ものすごい影響力だと思うし、そこからもこのアチューンメントの有効性を推し量ることができる。 日本での普及の規模を考えると、ひょっとしたら日本で飛躍的に成長したアチューンメントととして捕らえることも可能なのかもしれない。

一般に、儀式は一人の天才によって作られても、その後大勢に何百回と繰り返されることによって、強化される、と言えると思う。 そして、後には変化もするのかもしれない。霊気がそうであったように。

そしてさらにそこに、リネージ、霊統、法統のエネルギーが加わってくる。 ま、「繋ぐ」という事だけに関しては、これは考えなくてもいいのかもしれないけど。

で、お前はどうするのだ?ということになる。 いずれ、受けてみたいとは思う。 でもその前に、ドリーン・バーチュの資料を頼りに、高次元と繋がるレイキの第4シンボルを使って、独自に繋がる、ということをしてみたい。 いやシンプルに、GE中、フォーカス12辺りで呼んでみるとか? その上で、正式なアチューンメントを受けて体験を比べてみたいと思う。 なぜか? マニアだからだ・・・


以下蛇足。 日本では、イワシの頭も信心から、というが、チベットでは「犬の歯も信心から」とかいうのがあるらしい。 これがちゃんと物語になっていて、犬の歯を仏舎利と信じて供養し続けた老婆の死に際しては、周囲に芳香がたちこめ、空には瑞雲がたなびく、などの奇跡が起きたという。

こんな話もある。「ミステリーゾーン」かなんかで見た気がする。 だからむろんフィクションだけど。 アメリカでチャネリングが大はやりした時のこと。 とある売れない役者がこれに乗っかって、チャネラーの振りをしだした。 名前を忘れたので、ジョンとでもしておく。 ジョンは、演技はできるし、頭もそこそこよかったので、人気が出る。 しかし、案の定、それが絶頂に達した頃にボロが出た。 人気はなくなり、収入、所持金も尽きた。 親しかった友人たちも離れ、彼は全てを失い、独りぼっちとなった。 そして孤独に立ち尽くし、人生を振り返る彼の心の中に、荘厳にして智恵深き声が響く。 「ジョン、やっと準備が出来たようだ。これでわたしたちは始められる。さあ・・・」

ちなみに、Reiki Attunementsを見ると写真も載っている。

"http://blog.goo.ne.jp/lohengrin_net/e/df544f8582e8dd16c842e8f1ebd2ce19"

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーリング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。