2007年01月31日

石に転写2

ミスティック・メモ: 石に転写で書いた石への転写を始めて一週間ほどが過ぎた。
いや10日か?
天照のポラリス1の波動を石に転写してみよう、というやつです。
その間、大まかに言って、毎日転写作業はした。
で、今日の転写作業前に撮った写真がこれ。IMG_0893 どんなもんなんでしょう?

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | パワーグッズ

2007年01月30日

悪夢

悪夢というのは、悪いことそのものが、無意識とか、さらにその先とか、外部からメッセージとしてわき上がってくるんじゃなくて、そういったところからのメッセージを、受け取る自分が恐ろしいモノ、として解釈しまうことで形成される、ということが多いんだろうな。

自分の信念体系-直感あるいは超感覚という構造。
そしてその信念体系を変えようとするものに、恐怖を抱く。
そしてその恐怖を恐ろしい姿でイメージするという構図。
これを忘れると、妙に心霊的な影響を考えてしまう。

いや、居眠りした時に、妙に恐い夢を見たもので。

タグ:悪夢
posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年01月28日

メモとその配信 - Wridea

右のサイドバーにWrideaというサイトを使って書いているメモのRSSフィードを表示してみた。

このサイトは、言ってみればWeb上のメモ用紙の一つ。
海外のサイトだけど、日本語も通る。
カテゴリやページを分けて「タイトル」+「内容」というメモが書ける。
メモは個別に公開、非公開を分けることができる。
表示しているのも公開設定にしてあるものだけ。
ここにかくためのアイデアの断片を、そのまま出してみた、といったところ。

なお、本サイトの方にはIdea Rainという、メモのタイトルを雨のように画面上に降らせる、という面白い機能がある。
ボーッと眺めてひらめきを待つ、という感じかな。
でも、こちらの機能は、まだ日本語は通らない気がする。
タイトルを英語でつければよさそうだけど。

あと、ヘミシンク関連の過去記事のタグづけが大方終わった。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて

2007年01月26日

gooから過去ログコピー

前のブログヒーリング・ノートから、過去ログをざっくりコピーしました。
カテゴリーはなんとか。タグ付けはこれから少しずつ、という感じ。
画像とかはまだgooに置いたものを参照してるかな。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて

波動とかエネルギーとかの感覚とワーク

今の時点での認識をまとめっぽく。でもまとまりなく。
波動とかエネルギーなどの感覚は、肉体感覚が鋭敏な時は、いわゆる気感の種類と同じ。
それに加えて、気分とか、感情、思考、さらには音やヴィジョンなどの形で現れる。
GEなどの肉体感覚が希薄になるエクササイズの時は、後者により注意することになる。

考えてみれば、なにかエネルギーを発しているようなものに触れれば、近づけば、何かのバリアーでも貼っていない限り、否応なく影響を受けているはず。
ぶっちゃけ、気感とか波動感覚とかいう名前を聴くと、かなり特殊な感覚のイメージをもってしまうけど、具体的に考えると、それはかなり卑近な処から始まっているはず。

だから結局は、事前、事後の、自分の変化の観察、ということに尽きる。
音楽を聴いたり、絵を見たり、風景を見たり、人と会ったりして感じる印象の明瞭化と、波動感覚を磨く、ということはやることは、一緒のことだろう。

一方で、前のブログでも何度か書いたけど、想像力という知覚、というものがある。
これは感覚、印象を受動的に探る、というところから進んで、あらかじめ専用の計測器をマインドの中に用意する、ということになる。
いや、あらかじめ、でなくてもいいのか。

つまり、まず、最初、漠然と野原をヴィジュアライズする、あるいは、視覚的でなくても、感覚する。 これをイメージする、と表記することにする。
次に、感知の対象が定まったら、その野原のイメージを詳細化する。
どんな野原をイメージしたい気分なのか。
逆にイメージしているのはどんな野原なのか。
季節は?
場所は?
温度は?
色は?
香りは?
それは、芝生のようなのか。もっと背の高い草なのか。花が咲いていたりするのか。
花を置いてみる、いや、花はしっくりこない。
やはり草だけだ。
青々としているだろうか。
いや、秋の色だ。
時折、風に吹かれて、耳殻を覆い、耳の奥を通って脳まで届くようなサラサラという心地よい音を鳴らしている。
視線を横に移してみれば、左前方、遥か遠くに、うっすら雪化粧をした高山がのぞいている。
天気は快晴で、日差しは暖かい。

自分の気分や、感覚に照合しながら、イメージを詳細化する。
これは言い替えれば、言葉ではなく、イメージで行うフォーカシングだとも言える。
ただ、感じている対象が、自分の深層というだけでなく、外部から影響を受けた自分の感覚、というものに変わっただけ。

最初は、マインドとの協調作業で、チェックリストを辿るようにしながら、イメージを作っていかなければならない。
しかし、あくまで基準となるのは、感覚であり、「こういうものを感じたい」とか「こういうイメージであるべきだ」という作為ではない。

やがて勢いがつけば、イメージが自律的に展開していくこともあるだろう。
「印象-イメージ」の一つの回路が出来あがったとも言えるだろうし、ガイドが相手の時は、そこでガイドが姿を表した、ということなのかもしれない。

こうして得たイメージは、自分だけの象徴体系になっていく。
シルバ・メソッド風に言えば参考点、リファレンスポイントか。
NLPではアンカーともなる。

これを例えば、対象の中に入って行う、と考えれば、シルバ・メソッドのESP、効果的感覚投入、マインドの投入、ということになる。
なんらかのシンボル体系に従って行えば、例えばGD系の西洋魔術で言えば、パスワークとかに相当するんだろうか。

こうした作業は、一方で、あるべきようの思いこみから、今そこでの感覚や印象を尊重する態度を植えつけていくことになる。
この点だけで言えば、取り立ててイメージワーク、エクササイズの形を取る必要もない。
日常生活で、なんからかの形での表現力を磨く工夫でもよさそうだ。
でも、イメージが自律的に動きだすとまで深める時は、それなりにモードチェンジの儀式を伴わせたほうがいいだろう。
その後ごろんと横になって、腕枕でうたた寝しながら、の試みであっても。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑多なメモ

2007年01月24日

石に転写

風呂に入れるビー玉を買おうと、久しぶりに天照のサイトを覗いた。
ついでに、ポラリス2のヒノキのプレートも欲しい。メンテ用に。
でも、ビー玉はあったけど、プレートの方が無かった。タイルとか合板とかはあったんだけど。
どうせなら一括で買いたいので、今回は見送り。

新製品も出てて、薬草の波動を使ったプレートとかある。写真を見ると柔らかい感じで映ってて魅力的に見える。
でも、薬草というのが具体的になんなのか気になる。いわゆるフラワーエッセンスとかとおんなじ感じの扱いだとすると、適用とかのことを考えてしまう。ちょっと思案どころ。

それはさておき、ただプレートを待つのも芸がないので、ここのところ試してる文字パワーを使った転写法で、手持ちのパワーストーンに、手持ちの天照ポラリス1の波動を転写してみることにした。

転写用に箱を用意し、IDを振り、パワーストーンを入れる。さらにポラリス・プレートにもIDを振る。
あとは、プレートの波動を箱の中身に転写するための適当な文章を作りmojip.zipで文章複製。
そのファイルを転写コピーソフトで大量コピー。

文章はこんな感じ

IDが○○○のミニプレートの波動-(転写)→IDが○○○の転写ボックスの中身:転写の犠牲としてここで使用される電力と熱量を捧げる
犠牲、というのは前にも書いたけど、転写に使うための種、みたいなイメージ。この部分が要るのかどうかは不明だけど、自分としては、あった方がしっくりするのでつけている。

やる前に、ふっとこうした石にはスピリットと言うかわりと明確な意識が宿っている、ということに思い当たった。
で、転写前に一応ことわりを入れておいた。
「天照の波動を転写するので、受けとって下さいね」くらいのもの。

Gems いまのところ、そうやって1日2分ほど転写して、その他の時間は、プレートを転写ボックスの上に置いて放置している。それで今日が三日目の作業前。
写真はさっき撮ったもの。

パワーストーンそのものは、以前、何かの旅行のおりに一山いくら、でごちゃまぜに売っていたものに、多少単品で買ったものが混じっている。

果たして転写できているのかどうか?
写真からでも分かる人は分かるのだろうか。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | パワーグッズ

フォーカスを当てる

この頃、なんとなく寝ることが多かった。
昨日、一度寝てから未明にふと目が覚め、ガイドやハイアーセルフ的な存在によろしくお願いします、というようなことを言ってからまた寝た。
そんな時の寝覚めに見た夢。

ちょっとした近未来SF映画に出てきそうなビルの会議室のようなところ。
ブリーフィングルームか。
そこで、前回の戦闘で捕虜にし、なんらかの制約を加えて味方につけた隊員も参加して、出撃前の会議。
捕虜隊員は爬虫類系で、ヘッドギアのようなものをつけており、槍の形をして先端からビームの出る武器を持っている。

彼は僕らと同じ言葉は話せないようだ。
僕は彼とコミュニケーションを取るために、彼に意識を合わせようとする。
横から見るアングルで、肩の辺りから次第に頭の方へと、意識を移動させていく。
それは、スキャンするというのか、あるいは、映画とかでよく見る、銃の照準光線、あの赤い光を当てていくような感じでもある。 そう、まさに、こちらから何かを伸ばして、対象に当てる、という感じだった。
そして、伸ばした何かを介して、対象と繋がっている。
そうだ、ちょうどGEでいうEBTか。
単に、ビームということではなく、意識の光とみなす、ということが大事なんだろう。

意識を頭に合わせるのはマズイ、ということがなんとなく分かる。
そこにいろんな思考や、感情、あるいはエネルギーが詰まっているという予感がある。
しかし、僕は勢いで、というか流れのまま、意識の焦点を彼の頭に合わせる。

すると突然、彼が制約を打ち破り、怒り狂って反乱を起こし、僕に攻撃をしてくる。
僕は彼のトリガーを引いてしまった、ということなんだろう。
彼は僕にも分かる言葉で、はっきりと捕囚の身にされたことに対する怒りの言葉を吐く。

槍から光線を出しながら僕に近づいてくる。
僕はブリーフィングルームの外にかろうじて逃げだし、その透明のドアを閉めようとする。
鍵を掛ける直前に彼が追いつき、ドアにぶち当たり、開けようとする。
僕は、片手で、握力だけで、そのドアが開かないように防いでいる。
透明なので、獰猛な彼の顔が見えている。
しかし、握力はあまり鍛えてないので、自分でも、これはもたない、ということが分かっている。

僕は、たいして抵抗を続けることもなく、むしろ、半分は自分からすすんで、ドアを放す。
そして、彼がこちらへ入り込んでくるタイミングを見はからって、もう片方の腕を伸ばし、彼の喉笛を握ろうとする。
と同時に、現実の自分も手を伸ばして、その動きで目が覚めた。

一見してまさしく悪夢。
しかも、夢分析とかにかけたら、ごく分かりやすい部類だろう。
といっても、夢の中での僕は至って普通、むしろ鈍いくらい。
起きた時も、おんなじ感じ。
内容よりも、味わった感情に着目すれば、悪夢とは言えない。
それでも、エピソード的には印象に残る。

僕としては、なにか「対象に意識を向ける、当てる」ということの練習だった、という気がしてならない。
そして強烈なエピソードが、その練習を記憶に残す。
だから、むりやりでも、ガイダンスしてくれた存在に、ありがとう、と感謝を述べたいと思う。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年01月22日

願望実現とは自己をならふなり

以前人から聞いた話だけど、願望実現グッズ、例えばパイレイ・コファーとかは、実は瞑想補助グッズなのだという。
聞いた時は、なにをまわりくどいことを、とかくらいにしか受け取らなかったけど、だんだんとその意味が実感されるようになっていった。

例えば、超強力願望成就マシーンなるものが目の前にあって、そこに願い事を紙に書いていれるだけで、1日と待たず、寸分違わぬ形で、それが達成されるとしたら、一体何を書くだろうか。
達成までのタイムラグが少ないから、物事がすぐさまそれに向けて動きだすだろう。途中で取り消したりしたら、どんな副作用が出るか分からない。
寸分違わぬ形で達成されるから、明瞭明確、誤解の入り込む余地がないように、さらに、あらゆる副作用を計算に入れた記述にしなければならない。
これは、かなりのプレッシャーだ。確実に達成されてしまうから、下手なことは願えない。実はその場の勢いで、なんて言い訳は通用しないから慎重に願望を吟味することになる。
寸分違わぬ形で達成されるから、自分の気持ちを細部まで検討し、それにぴったりする形を探さなくてはならない。

こんな風にして、自分について瞑想とかすることになる。
結局は、その人の言う通り、願望達成グッズは、それ自体を使うより、それを目の前に置いて、何を願うか、を検討するようになることに大きな価値がある、ということになってしまう。
山田孝男氏の「瞑想法で心を強くする」には、瞑想トレーニングの上で、集中の対象として願望するものを使うとやりやすい、というようなことが書いてある。それには願望について瞑想することで、自己を知ることになる、という含みがあるのかもしれない。
そう言えば、山田氏はラーマクリシュナラーマナ・マハリシの「自分とはなにか」という問いの瞑想を、その他の本で大きく取り上げている。これは「自分の願望とはなにか」という形に変えてもいける、ということかもしれない。
望月俊孝氏の「癒しの手」には、入り口は健康、ゴールは悟りとして、病気からの自己実現的な道筋が示唆されている。
これも「入り口は願望(欲望)」と置き換えてもよさそうだ。
むしろ、病気とかの現象に出ちゃう前に、積極的に願望を意識していこうとう気になる
新月の祈りというものを、購読しているブログで知って以来、月に一度のペースで、自分の願望を、自分の中身を検討することになっている。こういうのが定期的にやれるという仕組みがあるというのは、ありがたいことだな、と思う。

こんなようなことからふと連想する。
アストラル界とかでは、考えたことがすぐに現象化するという。そもそもが時間のない世界だから、願望とその実現の間にタイムラグがない。
片っ端から物事が実現してたら、妄念だらけの身では嵐に翻弄されて続けているのと同じだろう。
逆に言えばこの物理世界は、そのタイムラグがあるおかげで、落ちついていられ、検討や調整の猶予がある、ということになる。

ひょっとしたら、GEで作るREBALというのは、意識がアストラル界に入った時に、そうしたタイムラグを作るための防壁でもあるのかもしれない。
外からの望ましくないエネルギーを防ぐ、といのはもちろんだけど、自分から生まれる、ちょっとした想念の揺れが、アストラル界と反応し、現象化してしまわないためのダムなのかもしれない。
確か、あなたのエネルギーを内側に保っておけるものです、というようなナレーションがあったように思うけど、それはこういうことなのかも?

願望成就グッズとか、アストラル界でなくても、成し遂げると不退転の決意を固めた事柄といのも、必ず達成されるものと言える。なにしろ不退転なのだから。
すると、本来時間などを超越した肉体以上の存在である人間の本質からして、そうした物事は、決心すると同時にすでに達成されているということになるのかもしれない。
少なくとも、それが達成されている未来は、多元的世界のどれかに存在することになるだろうし、多元的存在者である以上、それは達成しているのと同じこと。
決心する、ということの重要性は、願望実現関係ではよく言われると思う。
未来の自分からアドバイスを得るとかというワークは、こういう仮定の上でやってる。

ところで、仏教の言葉で、「初発心時に即ち成道を生ず」とか何とかいう言葉がある。それって、実はこのこのことなのでは?とふと思った。
あっと、今調べたら正しくは「初発心の時便ち正覚を成ず(初発心時便成正覚)」で華厳経の言葉。詳しくは「初発心時便成正覚」の論理構造と本覚思想」(島村b)とかにある。難しそうなので読んでないです。
華厳経そのものについては華厳経について

そしてさらに、仏教ではその発心(願望)そのものの正しさ、を重視しているような気がする。
例えば道元の言葉に発心正からざれば万行空しく施すというようなものもある。これなんかはそのものずばり、だろう。
そもそも道元の禅自体、修証一如とか、唯仏与仏とか、いわゆるニューエイジ的な世界観、願望実現の法則で言われることと照らして見てみるとなんだか符合するものを感じる。
願望実現も、自己を忘れて万法に証さるるなりとかいうところまで願い切っていくものなのかも?

以上、カテゴリの最初の文なので、大ぶろしき

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | 願望実現

2007年01月20日

アファメーション空間

アファメーションは、断言、自分への宣言であると同時に、世界、宇宙への宣言、メッセージだろうと思う。
だから、外への方向性を意識したほうがいいに違いない。
GEなんかでやる時は、つまりゲートウェイ・アファメーションの時だけど、EBTとかに載せて打ち上げて、花火みたいに拡げたり、といったイメージを使ったりもしている。

でも通常は、直接、音を空間に響かせるような感覚を持つようにしてる。 もちろん、音声にしてやってるわけじゃないけど。
この方法を部屋の中でだけやってると、どうも響かせる空間が狭くなる。
そこで、見晴らしのいいところで、開けた空間を感じながら、アファメーションをする、ということをしてみた。

ぐるっと見渡して、前後左右、天空を見渡す。
目をつぶってそれらの方向の空間を意識に入れつつアファメーション。 空間に伝わる感じを触感的なイメージで感じるようにしてみる。

一回やったら、その時の感覚を思い出すのはわりあい簡単。
すくなくとも、その時の記憶を再現すると、蘇ってくる。
空間が、アファメーションと共鳴するイメージというのは、なかなかのもの。
なんて言うのか開かれたアファメーションというか、公共性をもつと言うか。

そのうち、地球全体とか宇宙とか、肌で感じながらアファメーションできるといいな、と思う。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | イメージワーク

ピリカレ

みんな、笑顔になぁ〜れっ♪: ドラゴンブラッド・オイルの記事で知ったピリカレを買った。使うと環境浄化に繋がる、という文句に惹かれた。
買ったのは【楽天市場】ピリカレ 3kg:トータルヘルスデザインから。
本家から買うと、送料が500円くらいかかる。でも、ここで買うと3000円以上で送料無料、しかも代引き手数料なし。
ピリカレ自体が2,625円だから適当なものを選んで同時に購入。
今回は、【楽天市場】エンバランス容器 角型(小):トータルヘルスデザインにしてみた。これもなにか抗酸化のものらしい。ピリカレ本家にも同じような商品はあったかな。

注文したら翌日届いた。あらためて3キログラムってのは大きいと感じる。しかも洗濯には5g、ティースプーン1杯ほど。
正確に計って使えば、1キロで200回!
一人暮らしの僕としては、優に一年以上もつ。洗濯なんて毎日はしないし。

箱を開けてみると、ちょっと黄色と言うかベージュというかそんな感じの細かい粉が入っている。臭いはなんだか、米ぬか石鹸のような感じ?
成分を見ると、界面活性剤としての、いわゆる純石鹸が60%。その臭いなのかな?

今回メインに考えていたのは、入浴剤と、水回りとか拭き掃除とかの洗剤としての使用。
入浴剤としても、1〜5g程度まで、掃除用にしては、水2リットルにつき耳かき一杯程度!!こりゃ、当分ピリカレ漬けの日々だ。

ちなみに、今公式サイトからは入浴剤としての使用例が消えている。みんな、笑顔になぁ〜れっ♪: ピリカレ風呂をみると、入った感想が書いてある。湯冷めしにくくなるらしい
僕は今は、マテリア・タキオンと木酢液の風呂なんだけど、切り替えようかなと思っている。
でもやっぱり、風呂に波動グッズが一つは欲しい。天照のビー玉でも買おうかなと思案中。でもあれは転写モノだから、やがては効果が消えていくんだろうか?

僕自身の使用感としては、まだこれから、というところ。
拭き掃除に使ってみたけど、まあ今のところ普通。
でも、逆に考えれば、あの分量で「普通」と感じられるのは、すごい、というこだ。
ただなんとなくというレベルだけど、トイレ掃除に使ったところ、便器の輝きが違うかな、という感触を得た。なにかワックス効果みたいなものがあるのかもしれない。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | パワーグッズ

文字パワー壁紙

続けて、文字パワー(文字波動)壁紙作成支援のツールを作ってみた。これもHSPで。また同じく、本体についてはPDS扱いで。文字パワー壁紙作成
参照サイトも同じく、パワーグッズのページ - 波動を改善する方法(お金を掛けずにパワーを手にする) - 文字のパワー活用

このソフトは色とかフォントとか選んで、文字(語句)が並んだビットマップ画像ファイルを作ることが出来る。
作った画像をそのまま壁紙にすることは可能だけど、そのためには、あまりに文字がくっきり過ぎるし、文字数もまだ少ない。

で、任意の画像処理ソフトに読み込んで加工することになる。
フリーのものだとgimpなどを使うと、縮小してタイル状に並べることが簡単にできる。
僕がやってるのは、これをさらに、他の風景壁紙や波動壁紙と重ねるということ。
レイヤーでオーバーレイとかで、不透明度を適当に調整して重ねる。
すると結構いい感じで文字が目立たなくなる。
GRAVITONICS FOREVERにあるグラヴィトン壁紙なんかいい感じ。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | パワーグッズ

2007年01月14日

文字のコピーソフト

というわけで、一つのファイルに、文字を大量にコピーするソフトを作ってみた。mojip.zip。これもHSPを使っている。
文字パワーについては、パワーグッズのページ - 波動を改善する方法(お金を掛けずにパワーを手にする) - 文字のパワー活用を。現在は文字波動という呼び方。

要は、
mojipower.txtサンプル
浄化浄化浄化浄化
浄化浄化浄化浄化
浄化浄化浄化浄化
浄化浄化浄化浄化
みたいな感じの内容のファイルを作るもの。 文字間の区切り文字、一行の列数、総コピー数を選択できる。
最大で5万回コピーする。

これで、好みの文字のファイルをいくつか作り、例えばLhazなどの圧縮アーカイバでまとめる。
お薦めの形式は、tbzといもの。これは、tarという形式で一つにまとめ、bzipという形式で圧縮するということだけど、そんな詳細は置いといて、メニューで選ぶだけのこと。たんにzipするだけより、かなり縮まる。
で、そのファイルを先日Upしたtenco.exeで大量コピーする、といった使い方をしてる。

もし使ってみようという方がいらっしゃったら、今回のソフトもPDS扱いでお願いします。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | パワーグッズ

エリクサー・クリエイター

以前書いたクンダリーニ・レイキとかのOle Gabrielsen氏、面白いもの作ってる!
その名もColour Elixir Creator
なんとウインドウズ・ソフトウェア!!!
ここからフリー版がダウンロードできる。
どうやら、ソフトにジェムの波動を込めており、それを転写するようだ。
文字パワーとか、ソフトウェアでやりだした僕には、タイムリー。むしろシンクロニシティーか!?
サウンドによるレイキ・アチューンメントの無料体験に申し込んだ時に入ったメーリングリストで告知が着てたのに今日気付いた。

起動すると、いろんなジェムのリストが載ってるwindowが立ち上がる。
そのジェムのラジオボタンをチェックすると、まん中当たりに効能が出る。
それで適当なのを選んで、PCの前にボトルの水とかオイルを用意し、準備OKのチェックボックスをチェックすると、作成ボタンがクリックできるようになる。
1、2分くらいで、エリクサーの出来上がりー!!!

なんだかよく分からないけど、アンバーを選んで作ってみた。
飲み干した500mlのペットボトルに水道水を半分ほど入れ、ふたが無かったので、ラップで代用。
アンバーな気分でどんなだ?と思いながら待ってた。
で、その時に、まん中に効能が出るのに気付いた。
どうやらアンバーは肉体的な部分に働きかけるようだ。エネルギーブロックを外してどうのこうの、と書いてある。

ふーん、と思いながらゴクゴクと飲み干した。
別にめざましい味の変化は感じられない。
けど、まずくはない。
いや、言われてみれば、後で書こうと思っていたこの記事を、今、かなりの勢いで書いている。ちょっと、体の活性度が高い
待てよ、こういうのは一気に飲み干したりしてはいかんのかな?

リストに載っている石は、どうだろう、30くらいだろうか。
フリー版なので、利用できるのは5つ程度。
アンバーの他には、シトリンやらルビーやら、ローズ・クォーツとかだったかな。
また、いろいろ試してみよう。
他のOSのも出す予定らしい。
しかし、おもしろい。

posted by lohengrin_net | Comment(1) | TrackBack(0) | パワーグッズ

光量

年が明けてから、明らかに太陽の光量が増しているような気がするんだけど、どうだろう?

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なメモ

文字パワー転写のために

というわけで、指定した時間の間、ファイルを連番コピーし続けるツールを作ってみた(Windowsのみ)。最大5分。
数量指定にも対応。最大5万個。
気分を出すために、プログレスメーターをピコピコやったりする。
終わったら音を鳴らすことも可能。
転写コピーソフト hsp ver. 2.61で作っています。なかなか便利だと思った。Hot Soup Processor オフィシャルホームページ

使ってみよう、という方がいらっしゃったら、以下のことを許諾してください。
PDS扱い、つまり著作権放棄扱い、転載改変ご自由に。
従って作者は、本ソフトを使用したことから起こる全ての結果について免責ということでお願いします。
とは言っても、ソフト自体の不具合修正や改修案があれば、可能な限りで対処できればいいなぁと、ちょっと思ってたりはします。
さらに、とは言っても、perlとかで書けばほんの10数行で済むプログラムなので、こんなとこかなと。

なんに使うかというと、パワーグッズのページ - 波動を改善する方法(お金を掛けずにパワーを手にする) - 文字のパワー活用以下の記事で、主に文字のパワー活用(マニア編)辺りからの作業で使えます。
文字パワーのファイル自体は、同記事にサンプルがあるので、そちらを利用させてもらえばすぐに試せるはず。
現在は文字波動という呼び方。

転写自体は、その記事のあるように図形を使うほうがいいんだろうけど、僕の場合は以下のようにやった。

  1. 文字パワーファイルを上記ツールで大量コピーする
  2. 一つのフォルダに入れ、そこに名前、IDを付ける(ID20070113000文字パワーフォルダ)
  3. ID20070113000文字パワーフォルダと書かれたフォルダの波動-(転写)->(自分の名前)
  4. という文を大量に書いたファイルを用意する。(転写ファイル)
  5. 転写ファイルを上記のツールで1分くらいコピーしつづける。
といった感じ。
もちろん、ちゃんとCD-Rに焼いて作ったものもあるけど。
確かに転写中には感じるものがあって面白い。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | パワーグッズ

2007年01月13日

見えないもの

見えないもの信じてるあなたが好きという歌詞が聞こえてきた。 もちろん、霊聴とかじゃなくて。
オカルトだ、精神世界だ、とか言ってる僕としては、ニヤニヤするところ。

しかし、ふと思った。GEとかやって、イメージが見えないとかガイドに会えないとか言ってる自分は、果たして見えないものを信じていると言えるのだろうか、と。
結局のところ、それを信じているのであれば、見えようが見えまいが、聞こえようが聞こえまいが、たいして違いはないはず。
見えなければならない、見たら信じるという考え方は、やがて視覚に、その見えたもの自体に裏切られることになる。

必要なのは、見えなくても信じるという態度であり、何かそれに対する確信、直感のようなものではないんだろうか。
だからこそ、GEでも明示的に直感に関するトレーニングが二つある。Intuitive-Self、直感的自己というのは、そういう在り方なのかもしれない。
あのエクササイズを、なにかインスピレーションとか霊感的な体験のエクササイズに限定して考えない方がいいのかもしれない。 ああ、そうかソニア・ショケットの本、まだ全部読んでなかった。

外に出ている時、ふと空を見上げたら、夜の闇と日没の残照の間に、宵の明星が瞬き、輝いていた。 自分はこうして地上からそれを見上げている。
しかし、肉体以上の存在としての自分は、同時にそれを間近に見ることも、手を触れることもできているのだろう。
このように、見えている世界だけの存在ではない、ということを実感できたら、あるいは逆に、常にその時見えているだけの世界に自分を限定する信念を解除することができたら、もっと楽しいだろうな、と思った。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なメモ

2007年01月11日

転写のための犠牲

波動を改善する方法(お金を掛けずにパワーを手にする)を参考に、文字パワーの実験をしている。(現在は文字波動という。)
基本的には、よい意味の文字や言葉を極めて大量に書き、さらに文字のパワーでそれを望みのものに転写するというもの。
なんとなくだけど、作成した文字ファイルを大量コピーする手順で感じるものがある。転写の時にしてもそう。

ダイアン・フォーチュンの「神秘のカバラ」には「魔術には犠牲としてささげるものが必要だ。例えそれが、香を炊いて出てくる煙であっても」というような文章がある。
ここでいう犠牲とはエネルギー転換して魔術的効果の現出のために利用される質料のことだ。
そしてそれはエーテル的であることがいい(と書いてあったような気がするけど未確認)

そこで思いつくんだけど、いわゆる「波動転写装置」は「電力」を犠牲として使っている、ということなんじゃないだろうか。
もちろん、もともとは波動の増幅というような意味で使われてるんだろうけど。 波動転写装置に限らず、この手のラジオニクス装置には、回路図を紙に書いたものだけでも作動すると現象がある。
しかし、この場合、電力を用いたものよりも効果が弱いという。そこで犠牲にされるものがオペレーターから漏れでるエネルギーだけ、という状況なら、そうかもしれない。
しかし、意図的に発出された気であるとか、あるいは単に呼気、音声であっても、それが犠牲として意図されたものであるなら、もっと効果が上がるのかもしれない。 もちろん、十分に集中された意念とかも。

ここで文字による転写の話に戻る。
この作業の、あるいは術式のための犠牲を「大量コピー処理の時に消費されるコンピュータ・リソース、あるいは、その時のコンピュータが使用する電力」と考えたらどうだろうか。
それこそ、2,3分もコピーし続けるような処理をすれば、波動転写装置が使用する電力量に近づくんじゃないだろうか?

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | パワーグッズ

2007年01月07日

塩とSPボックス

ここ数年、正月、なるべく松の内に近くの神社やら、家の周辺に塩を撒いている。
どんな塩かというと、AICという団体で買った結界塩というもの。
簡単に言うと撒いた場所を浄化し、その場所を、なおかつ撒いた人を護る結界とする働きがあると言う。ちなみに、和風の澄んだいい香りが付いている
以前、会員だった時に買ったものが残っているのだ。ハーフサイズだけど、滅多に使わないし。

しかしさすがにそれも、減ってきた。
改めて買ってもいいんだけど、もう会員じゃないので、ちょっと高くなる。どうしたものかと思ってたけど、ふと思いついた。

以前、パワー掲示板で、パープル・プレートの上に塩を置いてパワー塩にしたという記事を読んだ記憶がある。
そして、今手元には、AICに入った時にもらったSPボックスという、言わば浄化+パワー充填機みたいなものがある。
このボックスについてはこちらのページに内部写真とかがある。ちなみにAICのページではなく個人でやられてるサイト。紙製の組み立て箱で、中に自分でシールを貼って作るのだ。

そこでこのSPボックスに市販の粗塩を入れておくことにした。結界塩とまったく同じものにはならないだろうけど、屋外に撒いて浄化とかの効果が期待できる塩にはなってくれるだろう。
とりあえず、一ヶ月ほど置いておくつもりなので、ここにスタートを記録。

まてよ、自分を示すウィットネスをなにか一緒に入れておけば、結界塩に近くなる?
剃刀負けで出てきた血でも入れてみるかな。

それはそうと、今回チェックするまで、SPボックスと一緒に使う、送信体と受信体を逆に使ってたのは内緒だ。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | パワーグッズ

2007年01月04日

太陽と月

Flickrに写真とかをUpすることにしてみた。 GE用に作ったCGとかも、ここに置いちゃっていいのかな?そうすると後でなにかと楽なんだけど。

まずは、今年(2007)の一月一日の午前中に撮った太陽の写真。
レンズフレアか、レンズの汚れか分からないけど、きれいな光が映っている。
2007 New Year Sun 1

次は、昨日の満月。肉眼だと、大きく円形にうっすら虹が架かっていたんだけど、なかなかそういうのは映りこまないなあ。
2007 New Year Full Moon 4 近くの公園に、月光浴しつつ散歩した時に撮ったもの。満月の充足感というものを感じることがいいんだな、と思った。もちろん、お財布もフリフリした。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2007年01月03日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今日から今年のブログを開始したいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。

今日は満月。23時頃に。
お財布フリフリしたり、散歩がてら、月光浴したりの予定。

タグ:満月
posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。