2007年06月07日

ヘミシンク&ガンツフェルト

宮城県仙台市 リコネクション リコネクティブ・ヒーリング 東北・岩手・山形・福島・秋田・青森 ロハス レイキ伝授  スピリチュアルカウンセリング スピリチュアルヒーリング | 死んだふりセラピーで紹介されている安田隆氏のテクニック。
白い紙を見てホワイトアウトして変性意識状態に入るというもの。
これはガンツフェルト効果とか、ガンツフェルト法とかいうものじゃないだろうか。
知覚遮断、あるいは感覚遮断の一つの方法。
確かピンポン玉を切った感じのものを目に載せる。

ピンポン玉を均等に切るのは難しかったので、二つ使った。
で、端をやすりで丸める。
ものによるのかもしれないけど、切ったすぐ後は、ものすごくシンナーっぽい臭いがする。
このままでは目からラリっていきそう。
しかしそれは本意ではないので、よく洗ってしばらく置いておく。
すぐにじゃないけど、しばらく放っておくと臭いも取れてくる。
早く臭いが取れないかと、一度、熱湯で洗ったら半球が伸び切ってしまった。

で、できたのがこの写真。
雑な工作なので若干ボカシ
目にのっけるだけでもいいんだけど、固定用に枠をつけてみた。

写真のものは、はめ込んであるけど、目の上のピンポン玉に被せるだけでもいい感じ。

ガンツフェルトについて調べてみた。
超心理学講座・ガンツフェルト実験によると、外から光を点滅させたり、耳にノイズを流したり、といったことをすることもある、と書いてある。
これって、ひところ流行った(今も?)ブレインマシンってことじゃないだろうか。

というわけで、ヘミシンクCDのマインドフードHemi-Sync Meditation」を併用。
光の点滅は、ちょっとパス
目は開けているんだけど、体から浮き上がるような感覚が断続的に起こる。
ホワイトアウトした視界の中に入っていく感じだろうか。
ここガンツフェルト条件下での知覚変容プロセスについて書いてあって興味深い。

疲れて目を閉じてしまっても、それはそれでいい感じ。
適度な目の疲労で、逆に眼球がリラックスできる。
しばらく試してみようかと思う。

posted by lohengrin_net | Comment(1) | TrackBack(1) | イメージワーク
この記事へのコメント

明るい未来を信じよう♪
暗い日常は自ら切り開くモンだぜ?
http://iwrc5mq.plistfa.info/
Posted by ちょっとした暇でもヤれる♪ at 2011年03月20日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 感覚遮断感覚遮断(かんかくしゃだん 英:Sensory deprivation)は感覚遮蔽とも言われ、刺激を意図的に取り除く行為である。対象とする感覚は身体の全感覚でなくてもよく、唯一つの場合もある。..
Weblog: 心理学ってすごい?
Tracked: 2007-10-01 06:28

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。