2008年02月06日

ブルース・モーエン「死後探索4」

ブルースモーエンの「人類大進化への旅 (「死後探索」シリーズ 4)」を読んだ。
終盤で、まだ文章の意味が取れなかったりするところもあるけど、一読した印象など。
ブルース・モーエン神学の完成、といった趣。

まずはネタバレしない内容。
主なロケーションはフォーカス27計画センター
主な探索の方法は共同探索
モンロー研のプログラムではない。
いくつかのパートで、モーエンの記録と平行に、二人ほどの記録が載せられている。

願望、あるいは意図の実現の技術的な仕組み。
フォーカス24〜26辺りの囚われた人々のありようと、その行く末。
ディスクの辿るプロセス。
アースチャンジズビッグプランの意味。
計画する知性」との対話。
アパーチャー
第2ギャザのあのエイリアンその後。

以下はネタバレする内容を含んだメモなので追記部分に。

なんとなく構造的に、神智学トランスヒマラヤ密教っぽくなってきた。
欧米における探索は、こういう形に落ち着いていくんだろうか?

事象ラインの話は、願望実現の仕組みに対するエンジニア的見方。
結論的には、互いに矛盾しない、明確で、かつ、自由度のある願望を持ち、一度願ったら、あとは宇宙に(計画センターの担当者に)任せておく。
一度任せたら、ちゃんと蓋をして、途中で覗いたりせずに、待つ。
例えばフラターU∴D∴の「Hight Magic」の記述と同じタイプ。

担当者があるという話は、例えば、願いに会った神に祈る、とかいう話を合わせ考えると面白い。

ヘルパーが邪魔をする話が出てくる。
一見、それは妨害であると映る。
しかし、今歩いている道が、かつて自分が願ったメインストリートではないことを気づかせるための選択肢を提供する手段である。
彼らは、彼らが直接意識をいじって変化させるのではなく、当人が変えるためのチャンスを、あらゆる手段を使って与える。

「神の愛がきみと共にありますように」、スターウォーズ的にはMay the force be with you.だ。

シルヴィアの卒業。
彼女が卒業したこと、赦しを得たことを知ることが巻き起こす感情。

エンジニア-モーエンというパーソナリティーというフィルター。
彼は自分を生き生きと描写することで、フィルターとしての自分を明確にしてくれている。

PUL(純粋な無条件の愛)の捉え方は、科学的エネルギー観によるものと感じられる。
PULが定量的な世界。
そしてそれは、弾丸のように打ち出されもする。
パワーとしてのPUL。

ビッグブランアースチェンジズ、というメタファー、ギミックの下に集まった人々。

失われた魂、つまりトカゲの尻尾切り。承服しがたいストーリー。
仏教的には一闡提辺りの話か。
尻尾切りを行ったディスクが作る世界とは?

尻尾きりが象徴するもの。
それは悪に対する制裁の欲求か。
全てがPULによって許され救われる、ということを受け入れたら、この概念は必要なくなるのかもしれない。
あるいは、消滅も可能、という選択肢の多様性を示すものか。

ここで人格、個人とはなにか?
ディスクに由来する輪廻と、個々の魂の輪廻。
人格が電子データ化され、派生したりする世界を描くSF「ゴールデンエイジ」。

なんらかのエネルギーをやり取りする。
それがPULであったり、その他の感情であったり。
そしてその技術に精通していく。
そこに喜びがあっても、進化の線上では上下に置かれている。

現段階での情報、少なくとも、それがとっている形を、全てそのままの真実で
あると固定して考える必要はない。
モーエンが他の探索者の報告を併記しているのは、情報の相対化を促すためでもあるんだろう。

計画する知性-なりつつあるもの。
太陽系ロゴス?
モーエン境界の大守護霊(境域の守護霊)との邂逅?

アパーチャー。力と形の変容点。あるいは、ティファレトの上のバロケトか?

第2ギャザのスポークスマンの百武彗星の話は、地球最接近の様子まで合っている。百武彗星 (C/1996 B2) - Wikipedia
しかし、なぜそれが、彼の話の証拠なるのかは分からない。
物理次元にリンクしたレヴェルの情報を、モーエンが高い精度で受け取れることはすでに分かっている。

posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘミシンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82613793

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。