2008年02月21日

『魔法入門』第2部魔法使い-第2章魔法使いの訓練-2不可視体

魔法入門 角川文庫版
第2部魔法使い-第2章魔法使いの訓練-2不可視体
p154辺り。エグレゴレ、密儀の守護者と儀式に関する記述。

もしわれわれの自家製の儀式がわれわれの伝統のエグレゴレの真なる原理の方針の上に打ち立てられるなら、(電磁)誘導というプロセスによってわれわれはその伝統からパワーを引き出し、そこにリンクされうる。

彼ら(密儀の守護者)は、彼らの方針に沿って活動している熱心な学徒ならどんな者とでも、どんな者を通してでも働くことを非常な喜びとする。それゆえ、魔術実践者の個別的グループが、密儀の守護者たちとの心的・霊的接触に引きこまれる、ということが起こりうる。その時から、そのグループは、そこを通して彼ら守護者が働くことの出来るセンターとなるのである。

今日は満月ですね。
posted by lohengrin_net | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85487625

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。